小池光子

ボーカリスト

作詞/作曲家

- - - - -
東京都出身、幼い頃より歌うことや詩を書くことに親しむ。
6歳から17歳まで、NHK東京放送児童合唱団に所属、NHKの音楽教育番組への出演、海外演奏旅行や、オーケストラとの共演などを経験。

数々のアーティストとの共演、作品への参加、CM作品での歌唱、楽曲提供などを行いつつ、数多くのコンサート活動を行う。

2002年、田畑伸明と共にビューティフルハミングバードを結成、2003年デビュー。

2008年、坂本龍一監修「にほんのうた」プロジェクトに参加、「にほんのうたコンサート」では大貫妙子、八代亜紀らと共演。2010年、ジム・オルークプロデュースによるバカラックトリビュートアルバムに細野晴臣、坂田明らと共に参加。

 

2015年からは、栗コーダーカルテットとビューティフルハミングバードでの活動を開始、全国各地のホールで公演、FUJI ROCK FESTIVALにも出演。2016~2018年に渡り敢行された栗コーダー&フレンズでの東南アジアツアーでは、ラオス、ベトナム、ミャンマーにおいて各国語で民謡を披露し、好評を博した。

近年、坂本龍一から「心に響く声」との賞賛を受けた。

https://www.koikemitsuko.com/

石田多朗

作曲家

音楽プロデューサー

演奏家

- - - - -

ボストン生まれ。東京藝術大学大学院修士課程修了。

作曲家、また音楽監督として、展覧会やあらゆる映像コンテンツの楽曲制作に携わる。

 

東京都庭園美術館、ポンピドゥーセンター、森美術館、日本科学未来館、東京都美術館、金沢21世紀美術館、上海当代芸術博物館など、様々な美術館における展覧会の音楽を担当。また、NHK、UNIQLO、TOYOTA、BMW、その他多数の企業コンテンツにおける音楽を制作する。

 

2018年、株式会社DRIFTERを設立。社会における音楽の新たな役割を追求するとともに、雅楽の楽曲制作などを通して、これまでにない日本の音楽のあり方を日々研究・制作し、発表している。

 

2019年よりアーティスト活動を開始。

https://www.taroishida.com/

オグロエリ

イラストレーター

グラフィックデザイナー

- - - - -

埼玉県出身。
デザイン会社にて、広告・パッケージ等の企画制作に携わったのち、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして独立。
中山うり、HARCOKIRINJI、小池光子をはじめとするミュージシャンのCDジャケットやグッズ制作に携わる。
また、子どもの発達を応援す道具を手がける「tobiraco」の、オリジナルカードゲームや、練習アイテムなどの制作を担当。

そのほか、小学館、婦人之友社、朝日新聞社など数多くの出版物や広告にイラストを掲載。鹿児島県薩摩川内市の地域創生事業おける商品パッケージや店舗内のデザイン・イラスト制作、ブランディングにも参加する。他にもレストランやカフェ、ショップに関するデザインなど色々なジャンルに携わる。

公式ウェブサイトやSNSを持たないため、このみみずくの家でついに表舞台に顔を覗かせることに。


みみずくの家ではウェブサイト、楽譜、グッズにおける全てのデザイン、イラストを担当。

のんのん(小池法子)

アーティストマネジメント

イベントデザイナー

- - - - -

東京都出身。6歳から17歳までNHK東京放送児童合唱団に所属し、国内外の童謡・民謡・クラシック・現代音楽など様々な音楽に親しむ。

演奏旅行、オーケストラとの共演をはじめ、NHKの教育番組や音楽番組に出演。まん丸なシルエットで元気いっぱい歌い、時に踊っていた。

しかし実は内向的な性格で、制作・技術スタッフや出演者など大人の動きを隈なく観察するのが大好き。

小学校高学年になり徐々に外向的になる。シナリオを書くことに目覚め、新キャラを作っては学内で発表。中学になっても友人を巻き込んで演じていた。

大学時代は国際協力活動に費やす。カンボジアやフィリピン、ヨーロッパでの教育ボランティア等の活動を経て、自治体と学生との協働事業を設立。市街地にフェアトレードカフェをオープンした。

卒業後は番組制作補助、ヘルスケア、そして公務員…いくつかの業種を経て、現在は小池光子のマネジメント担当。イベントの企画運営なども手がける。

みみずくの家では全体の制作進行を担当する。

icon_goaisatsu.png
icon_footer_facebook.png
icon_footer_insta.png
icon_footer_youtube.png
icon_footer_mail.png
©みみずくの家